No.028 – オクターブベースとブロックコードによる強いリズムの強調

バッキングパターン図鑑

ブロックコードとオクターブのベースをあわせ、力強くリズムを強調します。ベースはすべてオクターブで弾くと音の強調が不自然になってしまうので、間引くこともあります。

バッキングパターンの使用場面や特徴

  • ゆっくりなテンポから、速いテンポまで、幅広く使えるパターンです。
  • スタッカートでは音の空白部分が増え、跳ねるような、軽やかな印象になります。
  • 音の並びが規則的で、全員で4ビートのリズムを合わせるとポップに聞こえます。

バッキングパターンの使用例

Aメロのバッキングが(ほぼ)この形です。最後の音符のみ16分音符食ってシンコペーションしていますね(ノリはハネている16ビートです:ハーフタイムシャッフル)。

スポンサーリンク