3-2. トライアド・コードの種類と押さえ方を知ろう

2017年11月14日3.コードの知識を学ぼう!

一番最初に覚えるコードは何がいいの?

まずは三和音(トライアド・コード)を覚えるピ。その中でも厳選して、最初はCメジャースケールの主要三和音を覚えるピ。

シーメジャー?シュヨーサンワオン?

まあ、難しいのも仕方ないピ。最初に覚える主要三和音は、「C」「F」「G」ピ。大げさじゃなくて、これだけで曲ができるピ。大げさだと思うなら、たとえば、この曲を聞いてみるピ。

この楽曲は、C→F→G→Cという進行だけでできてるピ。

トライアド・コードの基本形

単に「コード」と言った場合、それは3つの音が重なった「トライアド・コード」であることが多いです。スケールにおいて1番目・3番目・5番目の音を同時に鳴らしたものがトライアドコードです。

このとき、

  • 1番目の音をRoot(ルート)
  • 3番目の音を3rd(サード)
  • 5番目の音を5th(フィフス)

と呼びます。

メジャーコード

Root / M3 / P5

メジャーコードはもっともよく使う、ポピュラーな和音です(正式には、三和音のメジャーコードを「メジャー・トライアド・コード」と呼びます)。

主要三和音は、すべてメジャーコードなんです。

Cメジャーキーにおける、3つのメジャーコード(主要三和音)

半音で数えて、Root、4つ目の音(M3)、7つ目の音(P5)を使っているコードがメジャーコードです。

Cはドミソ!Fはファラド!Gはソシレ!まずはこの3つを音と鍵盤で覚えちゃってください。

省略形:X

メジャーコードはルートの英語表記をとって、「C」や「D」などと表記します。もっともポピュラーな和音のため、「C(メジャー・トライアド)」の後半部分をがっつり省略しているのです。

コードの省略表記
コード Cメジャー Fメジャー Gメジャー
省略表記 C F G
構成音 ド・ミ・ソ ファ・ラ・ド ソ・シ・レ

まれに、「C△」など、上向きの三角形でメジャーを表すことがありますが、ややこしくなるので非推奨です。

押さえ方

ポップスでは主に「1.2.4」の指を使って押さえることが多いです。

メジャーコードの押さえ方

※写真はFメジャー(ファ・ラ・ド)

マイナーコード

Root / m3 / P5

メジャーコードと同じくらいよく使う和音です。Cメジャースケールの中では、「Am」「Dm」「Em」の3つのマイナーコードがあります。

Cメジャーキーにおける、3つのマイナーコード

半音で数えて、Root、3つ目の音(M3)、7つ目の音(P5)を使っているコードがメジャーコードです。メジャーコードと比べると3rdの音が半音低いですね。これがマイナーコードの大きな特徴です。

この3つは、余裕があれば覚えてください。ここまでの6つのコードを覚えれば、一気に伴奏できる曲が増えますよ。スピッツのチェリーなんかも、この範囲で弾くことができます。

省略形:Xm

表記は「Cマイナートライアド」を省略して、「Cm」のように記述します。まれに、「C-」のような書き方もありますが、これもまた非推奨です。

コードの省略表記
コード Aマイナー Dマイナー Eマイナー
省略表記 Am Dm Em
構成音 ラ・ド・ミ レ・ファ・ラ ミ・ソ・シ

押さえ方

基本的にメジャーコードと変わりません。主に「1.2.4」の指を使って押さえることが多いです。

メジャーコードとマイナーコードの一覧

その他のトライアド・コード

サブキャラたち。今は覚えなくても良いですが、かんたんに目を通しておいてください。

オーギュメントコード(省略形:Xaug)

Root / M3 (4) / aug5 (8)

メジャーコードの5thの音を半音上昇させた和音です。かなり不安定な響きで、あまり使用場面はありません。

省略表記は「aug」。

ディミニッシュコード(省略形:Xdim / Xm(♭5))

Root / m3 (3) / dim5 (6)

マイナーコードの5thの音を半音下降させた和音です。響きは不安定ですが、コード進行を滑らかにつなぐときに使えるコードです。

省略表記は「dim」、または「m(♭5)」。「m(♭5)」は、「マイナー・フラット・ファイブ」と読みます。こちらのほうが構成音はわかりやすいですね。「dim」と同じくらい使う機会の多い表記です。

サスペンデッド4thコード(省略形:Xsus4)

Root / P4 (5) / P5 (7)

メジャコードの3rdの音を4thにつり上げた和音です。モダンな響きがします。

省略表記は「sus4」。

 

この章のまとめ

CHECK

  • まずは、主要三和音、「C(ドミソ)」「F(ファラド)」「G(ソシレ)」を覚えよう
  • マイナーコード「Am(ラドミ)」「Dm(レファラ)」「Em(ミソシ)」は次に覚えよう
  • マイナーコードは、メジャーコードより第3音が半音低い

スポンサーリンク