2-3. 「コード」と「フレーズ」のバランスを考えよう

2017年11月14日2.ポップス伴奏の基本形を知ろう!

う~ん・・・。

アノくん、今度は「弾いてみたはいいものの、コードばかりで面白みがない・・・」なんて思ってるんじゃない?ピ。

(図星だけど、そろそろ「ピ」に無理矢理感がある!)

・・・。その顔は図星のようだピ。今度はフレーズの使い方を考えてみるピ。

2-2では、四分音符でコードを弾くことでかんたんな伴奏ができました。

参考2-2. 初心者でも大丈夫!かんたんな伴奏を練習してみよう

この記事では、今までもそれとなく使っていた「フレーズ」について少し考えてみたいと思います。

フレーズって何だろう?

伴奏は、メロディーラインを引き立てるための演奏で、コードやフレーズを弾く、ということは何度も記述しているとおりです。

ここでいうフレーズとは、メロディーのことです。

主楽器(ポップスだったら歌)のメロディーと混同しないように、あえてフレーズという言葉を使っています。

また、フレーズは必ずしも単音じゃなくても大丈夫です。

コードを転回系で動かすことも、コードの構成音をずらして弾くことも、フレーズの一種と言えます。

参考3-4. コードの転回系をマスターして表現の幅をアップ

参考5-1. sus4・sus2コードで、お手軽コードアレンジ

コードとフレーズのバランス

注意点として、「フレーズを使いすぎると楽曲にまとまりがなくなる」ということを頭にいれておきましょう。

割合のイメージとしては、「コード:80%、フレーズ:20%」くらいの配分でピアノ伴奏を作ってみます。慣れないうちは、「とにかくコードを中心に、フレーズはアクセント程度」と考えておくと良いでしょう。

チュートリアルで学んだ「はじまりの好き」のピアノも、イントロにはフレーズがあったね!たしかにコードとフレーズのバランスは8:2くらいになっている気がする。

そのとおりだピ。適度に目立つフレーズを挟むことで、ピアノの存在感が出てくるピ。
実際のフレーズの作り方は、カテゴリ「フレーズの構築を学ぼう!」で学習するピ。

この章のまとめ

CHECK

  • 単音のメロディー、コードの転回形や、構成音の変化などでフレーズができる
  • コードとフレーズは、8:2くらいの割合で考えよう

スポンサーリンク